体脂肪を減らす方法

内臓脂肪を減らすためには、食事、運動、生活習慣を見直すことが大切です。
食事については、量を減らしたからと言って効果的に体脂肪を減らすことにはならず、体内に栄養を蓄えようとするため、内臓脂肪が増加する結果になってしまいます。
また、食事の間隔が長くなりすぎても、体脂肪増加の原因となるため、毎日3食を規則正しく摂ることが大切です。
また、栄養バランスを考慮し、タンパク質、ビタミン、ミネラルを積極的に摂取することで、健康的に体脂肪を減らしていくことができます。
また、エネルギー摂取量が消費量を上回ると、内臓脂肪が付きやすくなるため、食事のエネルギー量をチェックするようにすることも大切です。

 

バランスの良い食事とともに、毎日の生活に有酸素運動を取り入れると、内臓脂肪を減らす効果が高まります。
毎日、最低20分でも良いので、有酸素運動を継続することをおすすめします。
毎日わざわざ運動をするための時間を取る必要はありません。
例えば、駅などでエレベーターの代わりに、階段を使うようにしたり、1駅多く歩いたりするだけでも、十分に有酸素運動を行うことができます。
お勧め投資。 
そのときの体調などと相談しながら、無理のない運動を取り入れていくことが大切です。ただし、運動については、始めたからと言って、すぐに効果が出るとは限りません。
ある程度長期間継続することで、徐々に体脂肪が減っていきます。
日常的に、内臓脂肪のことを意識するようにすることが大切です、さらに、十分な睡眠を取るようにし、ストレスにうまく対処することも大切です。

水が及ぼす体への影響

人の体の7割は水であることから、水が及ぼす体への影響は多大です。
水が体内にあるからこそ、さまざまな機能を維持できているのです。
体温の調節、胃腸の働き、心臓の鼓動、老廃物の排出、体脂肪など、いずれも重要な機能ばかりです。

 

体内に水を摂取すると、循環がスタートします。
体内を巡って排出するという流れが継続的に行われており、円滑に成されているからこそ健康を保っていられるのです。
水分量が足りなくなったら、これらの働きが正常に機能しなくなりますので、健康状態に異変が起こるでしょう。

 

健康を維持するためには、毎日どのくらいの水分量を摂取すべきなのでしょうか。
必要な水分量は、成人している大人と子供で異なります。

 

成人の場合は、その人の体重1キロに対し、50ml水分摂取量が必要です。
もし体重が50キロの大人だとすれば、50mlの水が50倍必要になりますから、50ml×50キロ=2,500ml飲まなければいけない計算になります。
2,500mlは2.5Lですから、2リットルと500mlのペットボトルを1本ずつです。

 

しかし、摂取する方法は飲料としてだけに限定されていませんので、食事から摂れる分と合計して2.5Lに達すればいいわけです。
食事で摂取できる水分量は、1日3食しっかり食べて1リットル分になります。
飲料としては1.5リットル飲めばいいことになりますから、そう考えると食事をしながら500mlのペットボトルを1本ずつ飲むくらいは自然と行っていそうですね。

 

子供の1日あたりに必要な水分摂取量は、体重1キロに対し50ml〜100mlと大人より多めです。
水は、大人の体の場合7割を占めていますが、子供は8割と割合が多いためです。

 

なので、水にはこだわりたいものです。私の場合は、ウオーターサーバーで安全で健康にいい水を毎日のむようにしています。

 
 

メニュー

最新記事